一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

  step-upのAZUです。
 
 アクセスありがとうございます



3月は1年のうちで一番離婚が多い月であることは以前にも話しました




理由は子連れ離婚の際に学校で学年が変わることから子供に配慮してのことだそうです。



親権を妻側がもつ確率が高いこともあって、3月の離婚の大半は妻からによるもののようです





女性が離婚をする時の意識調査では〜


「今より幸せになれる」と感じている人が60.3%

「わからない」が27.5%

「幸せになれないかも」が12.3%




離婚したからといっても現実的な女性はこれから先のことを考えて心底気持ちが晴れるわけでは無いみたいですね










  AZUでした。
ランキング参加中〜応援してね!

   step-upのAZUです。
 
  アクセスありがとうございます



アメリカの統計によると離婚して再婚を繰り返すたびに離婚率があがるというのです。


例えば2度目の再婚をした夫婦が離婚する確率は62%


3度目の再婚をした夫婦が離婚する確率はなんと75%まであがります



なぜこのような結果がでるのかというと、結婚・離婚を繰り返す人の特徴が関係しているかもしれません。



簡単にいえば ”結婚” そのものに向かないタイプということです



人に合わせることが苦手であったり、何か気に入らないことがあると、人と繋がるのを避けて孤立したがるような人があてはまります。



何かあるたびにリセットしたがる・・・ 場合によっては相手の存在を無視してしまう



結婚・離婚を繰り返す負のループから抜け出せない人は心当たりがあるのでは?





  AZUでした。
ランキング参加中〜応援してね!

 step-upのAZUです。
 
アクセスありがとうございます



さて ”離婚すれば他人。もう元配偶者とは何も関わらなくてもいい。自分は自由になるんだ!”



なんてことを考えつつ離婚を急いだりしていませんか?




最近では離婚の話しがすすむにつれ、相手に対しての思いやりのかけらも見られることなく逆に嫌がらせとも思える態度をとる人がいます。



相手は人間です。自分との結婚生活が破たんしたのに、再婚して相手だけが幸せになるのが許せないという心の狭い人間もいます。



自分の思い通りにならない相手の気を引くためにストーカーまがいの行動をとる人間もいると聞きます



離婚するからといって軽くあしらったり、相手を中傷するような言動は避けた方がいいですね。


それらがひきがねとなって嫌がらせに発展するケースもありますから・・・



そしてトラブル回避のために元夫婦といっても離婚してからは個人情報は慎重に考えてから相手に伝えるようにしましょう。





 AZUでした。
ランキング参加中〜応援してね!

 step-upのAZUです。
 
アクセスありがとうございます


離婚した後に生活が激変するのは女性ばかりではありません。


男性も同じです。今まで家事に無頓着だった方は尚更です



若い男性であれば新しい環境に慣れるのも早いし、実家の助けを借りる事も可能かもしれません。



最近は食事面をとっても、便利な環境が整ってますからね



問題なのは熟年離婚の場合です。


今まで仕事していて家事は妻まかせだった男性は何かと辛い思いをするかもしれません



年齢的に実家を頼る事も出来ず、仕事は定年を迎えて新しい環境の変化になじむのでさえ時間が必要になります。



女性は金銭面がクリアになれば、そこまで困る事は無いですからね。


そう思うと離婚は男性の方がダメージがかなり大きい ように感じます。



まずは、万が一に備えて家事に少し興味を持った方がいいかも





 AZUでした。
ランキング参加中〜応援してね!

 step-upのAZUです。
 
アクセスありがとうございます




離婚を ”お祝い事” と考えている国があるようです。



考え方をかえれば、新しい生活を始めるわけですから納得できない部分が無いわけでもないですが。



イギリスでは全体の45%が離婚するというデータがあります。


某英百貨店では、離婚した人に欲しい物をリストアップしてもらい、周囲が離婚祝いの贈り物を選びやすくするサービスを開始したとか。



「離婚を祝うパーティーやケーキの人気が高まってきたので思いついた」 との事。



なんて前向きなんでしょう (笑)



日本では、まだまだ離婚=祝うという考えは無いですよね。これもお国柄の違いでしょうか?



これから新しい人生を歩む手助けをしたい!という気持ちがイギリス国民には強くあるようです。




 AZUでした。
ランキング参加中〜応援してね!

  step-upのAZUです。
 
アクセスありがとうございます




今や離婚率も高く4組に1組は離婚する時代。



離婚率の高い県や結婚して〇年目に離婚する夫婦が多い〜とか色々な情報があります。


なんと今回は離婚率の高い ”職業” です





男女でも差があるものの、夫の職業では専門的・技術的職業が多いらしいです。


原因はストレス。細かい作業が多いから・・・かな


男女ともに共通していえるのはサービス業。やはり対人関係でのストレスが原因


みなさまお疲れさまです




逆に離婚率が低い職業は農業。夫婦や家族で協力しないとできない仕事だからのようです。



そして、夫の収入が低い ・ 妻の収入が高い ・・・いわゆる収入格差がある夫婦関係では離婚率も高いようです。



職業はともかく、どんな状況でも相手をどれだけ思いやれるか?という点は大きいですね






 AZUでした。
ランキング参加中〜応援してね!

 step-upのAZUです。
 
アクセスありがとうございます


離婚の事をあれこれ書いていますが、あなたは本当に離婚するしか他に方法は無いでしょうか?


別居していたとしても、戻る事は可能です。


離婚する夫婦もいれば、復縁する夫婦もいます。



まだあなたの中に迷いがあるならば、復縁をオススメします・・・



"なぜ離婚するのか?" では無く、"どうしたら離婚しないか?" を考えましょう。


そして、具体的に元に戻る方法を思いつくままに書きとめましょう



そうする事で気持ちも整理されます。



復縁は元の状態に戻るですが、前向きにすすむ事でもあります




 AZUでした。
ランキング参加中〜応援してね!

  step-upのAZUです。
 
アクセスありがとうございます




離婚は結婚の3倍エネルギーを消費する・・・なんて話をききますが、自分の過去を振り返ってみると3倍どころじゃなかったな・・・ なんて。


          


離婚を決意するまでの苦しみ〜

私の場合、「自分が我慢していればこのまま生活できるのか」とよく自問自答していましたね。でも、若くして結婚したためにこの先が長い事を考えて〜の決断でした。



離婚の手続きを終えるまで〜

身内に状況を話したり、身内同士の面会・話し合い、公正証書を作成するにあたっての条件など。本人同士はもちろん、周囲を巻き込んでの事がたくさんあり申し訳なかったです



離婚後の生活〜

子供と新しくアパートを借りて暮らし始めたものの、子供には「ここにはパパがいないから家じゃない!」と言われて胸に刺さりましたね・・・

子供に罪はない。実父の存在を奪ってしまった事を一生背負う覚悟をしました。



振り返ってみると改めて大変だったなぁと。  変な言い方ですが、よく離婚したなと思いますね。

今があるので後悔はしていませんが。






 AZUでした。
ランキング参加中〜応援してね!

 step-upのAZUです。
 
アクセスありがとうございます


今朝の新聞記事で目にとまったものがありました。




『離婚した父親らが集い〜養育の心構え学ぶ』


離婚に伴って子どもとの付き合いに悩む父親らを対象にした集いが行われた・・・


別れた夫婦に子どもにとって、転居で友人関係を失うなど負担が大きく親はあまり配慮していない



離婚後も両親からおなじように愛される事を保障する「共同親権」といわれる欧米の考え方を紹介。



子供を健全に育てるには元妻を尊重し、過去を許し合うなどの心得を話した。




今や離婚も珍しくなく、学校では子供同士が家庭環境について普通に話しているような状況です



かといって子供たちが両親の離婚を自然に受け入れているわけではありません


平然としていても心を痛めているんですよ



せめて子供の前では以前と変わらぬ両親の姿でいたいものですね。






 AZUでした。
ランキング参加中〜応援してね!

  step-upのAZUです。
 
アクセスありがとうございます



離婚を突然切り出されて途方にくれているあなたへ・・・・


今まで相手の気持ちに気付いて無かったの?

考えた事もなかったの?

それは自業自得ですねぇ・・・


なんて(笑) 笑いごとではないですね。



相手がどこまで本気で離婚話をしているのか。

その度合いによっては回避できますよ



試しに感謝の気持ちを言葉にして、あるいは形にして相手に伝えて下さい。


例えば・・・


「今日もお勤め御苦労さまです。あなたのおかげで家族が生活できます



感謝されて怒る人はいません。その後、相手の気持ちが何かしら変化します。


言葉が恥ずかしければ、相手が喜ぶ事を何か一つでもしてあげるといいでしょう。


ただし、毎日実践する事。


これだけで、離婚話はうやむやになります。実際にやられたご夫婦は今では寝室を一緒にするほど関係が回復したようですよ。




 AZUでした。
ランキング参加中〜応援してね!


PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

応援してください!

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • やりたい事となりたい自分。
    AZU
  • やりたい事となりたい自分。
    mutsumi
  • 情の種類とは
    mutsumi
  • 2013年
    AZU
  • 2013年
    mutsumi
  • 魔法の言葉
    mutsumi
  • 厳しい残暑
    AZU
  • 厳しい残暑
    mutsumi
  • 短命
    AZU
  • 短命
    mutsumi

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM