一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2014.03.16 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

  step-upのAZUです。
いつもありがとうございます

 大なり小なり人は誰しも悩みを抱えているものです 解決法をだすまでには時間が必要ですよね。一人で考えていて煮詰まってしまう事もあるでしょう。そんな時に話しを聞いてくれる人がいるとそれだけで気持ちが整理できるものです。ありがたいですよね
 
 悩みにおいて「好き」という気持ちは一番強い実感です。大事なもの、失いたくないものがはっきりと見えている場合、予想外の出来事が起きて状況が変わってもそれを守る事を最優先に動けばいいので、おのずと自分が選択しなければいけない道が見えてきます

 たとえそれでいい結果がでなくても、「好き」を優先して動いた分だけ後悔はしないと思います

 誰にでもあてはまる共有できる正解なんてありません。自分にとっての正解を見つけるには何を一番にするのか ですよ


AZUでした。

ランキング参加中〜応援してね!


  step-upのAZUです。
いつもありがとうございます

人生の中で1度や2度ぐらいは遅刻をした事、あるいはしそうになった事があるでしょう。遅刻をする原因には色々ありますが、毎回・・・という人はひょっとしてこんな理由があるのかもしれません


 毎回遅刻をするAさんがいました。Aさんは遅刻をするときまって 「ごめんね。本当に私って駄目だわ。」と言うそうです。本人は反省するのですが、また遅刻をしてしまう

 Aさんは意識していないかもしれませんが、遅刻⇒罪悪感という行動パターンがAさんの中でできあがっているのです。言いかえれば罪悪感を感じないと気分が落ち着かない為に毎回、遅刻しているのです


 この行動パターンを変えるには周囲が本人に事実のみを毎回伝えるのが効果的だと言われています。例えばAさんのような遅刻であれば「今日は10分の遅刻だったね」「今月は3回遅刻したね」など。怒るのではなく、ありのままの事実のみを伝える 遅刻しなかった時も同様に伝える

 そうする事で本人は事実を確実・正確に意識する事ができ、行動パターンが変わるというわけです



 無意識にやってしまう行動を修正するのはなかなか難しい事ですが、第3者が協力する事で本人の意識が変わります。ただ根気よく伝える必要があるのが難点ですが・・

 

 
AZUでした。

ランキング参加中〜応援してね!


  step-upのAZUです。
いつもありがとうございます

出来る事なら毎日が充実した楽しいものになってほしい と誰もが望んでいると思います。しかし、その思いに反して、自分の予定通りにことがすすまずにイライラしたり、うまくできない自分を責めて自己嫌悪に陥ったりするのが現実

私も毎日そんな気持ちの繰り返しで、時にはためこみすぎて爆発させてしまう事も・・・

そうならない為には自分の心をコントロールする事が大切だという事に気づき、現在実践中ーです


「人に好かれたい」を捨てるということ

この気持ちが強すぎると相手の心を優先してしまい、自分の言いたい事を伝えられなくなります。自分の思いが外に出せないので結果的に自身の心の中に閉じ込めてしまいストレスもたまる一方に。

だからこそ「好かれよう」と思わず、自分の思いや考えを誠実に相手に伝えることを始めましょう

向き合う事から逃げ出さずにストレートに伝えたい事をぶつけてみる。

「こういう事があったから、私はこういう気持ちになった


伝える事の目的は感情のままに思いをぶつけ、相手を従わせる事ではなくて、あくまで理解を求め話し合う事。最初はとっても勇気のいる行動かもしれませんが、話し合うことで信頼が深まりイライラ・クヨクヨの種を取り除くことができるはずです。

同じ1日ならHAPPYな気持ちで過ごしたいですよね


AZUでした。

ランキング参加中〜応援してね!

 step-upのAZUです。
いつもありがとうございます

 「会話はキャッチボールに似ている」と言われますが、”話し手”と”聞き手”では聞き手が重要な役割を果たしています。

 聞く;外からの情報を耳が勝手に感じ取る。

 聴く;意思を持って耳を傾ける、傾聴する。

 訊く;たずねて答えを求める。

会話は「きく=聴く」です。話す側の心に寄り添って耳を傾けてくれる相手には「また会って話しを聴いて欲しい! 」と思うものです。

 
もう1つ。会話を長続きさせるポイントは「相槌」 です。

 うなづく・・・へぇ〜、  うんうん

 問いかけ・・・それで?その時はどうしたの?

 共感・・・そうだよねぇ。わかるよ。

 くりかえし・・・そうなんだ〜〇〇だったんだ。


このような相槌を適所に入れると話す側は自分に関心があると感じ、会話が弾みます

コミュニケーションをとるのに会話は必要不可欠です。
話し上手は聴き上手という言葉もあります。会話の達人は聴く事からかも


AZUでした。

ランキング参加中〜応援してね!


 step-upのAZUです。
いつもありがとうございます

 男性に結婚相手の条件を尋ねると 「性格・容姿」以外に「家計をまかせられる人」という答えが返ってきます。今や経済不況の中、給料UPを期待できないのであればうまくやりくりできる相手を・・・という考えからでしょうか。

 あなたは家計簿をつけていますか? 最初は意気込んでつけていても特別な出費があったり、うまく予算が守れなかったりで挫折していませんか。実はわたしもその一人 なかなか続かないですよね・・・。でも3カ月間でもいいので家計簿をつけると何にどれぐらいの支払いがあるのかわかるそうです。

 出費が把握できたら次は見直し。車の保険など契約時と条件がかわっていませんか? 年齢や免許証の色によっても支払い額がかわってきますよ。

 便利だからとコンビニで買い物をしていませんか? ジュース1本でもスーパーと価格を比べると割高です。”塵も積もれば山となる”です。ほどほどに・・・

 「物が多い=豊か」ではありません。震災以降、見直されている方も多いと思いますが家族で過ごせる時間こそ豊かで贅沢ではないでしょうか?TVを消して会話を楽しむ事もしいては節約に繋がります


 身近な事から無理なくはじめる事が長続きするコツです。上手にやりくりして潤いのある生活を手に入れましょう


AZUでした。


ランキング参加中〜応援してね!


  step-upのAZUです。
いつもありがとうございます

楽しかった連休も終わり、また仕事や学校といった本来の日常に戻りますね・・・ 4月になって新しい目標をもって意気込んでいたあの気持ちはまだあなたの心の中にしっかりとありますか?


 自分の目標、やりたい事を見失った時はこんな方法で取り戻す事もできそうですよ。

 々イな雑誌や広告の切り抜きをたくさん集める。

◆‖腓な画用紙に切り抜いた絵や写真などをのりで貼り付ける。この時に付け加えたい言葉があれば好きな色で書き込みをする。

 ゆったりした気持ちで完成した画用紙をながめる。


 たったこれだけの作業ですが、あなたの”好き” が一杯つまったものが形となっているので何を望んでいるのか・何を手にいれたいのかがおのずとわかってくるはずです。

 すぐ目の前を見ているだけでは気付かない事も顔をあげてずっと遠くを見渡すとまた違った景色に出会える時もありますよ


AZUでした。

ランキング参加中〜応援してね!



 step-upのAZUです。
いつもありがとうございます


GWも後半に入りましたが、連休は実家 に帰る・・・という人もたくさんいますよね。今日はそんな「実家」に関する記事です


少し前に「友達親子」という言葉を耳にする事がありました。娘と姉妹に間違われるぐらいの若い格好をした母親、考え方・子供との接し方も友達と同じような感覚の親子を指すものでした。そんな世代が所帯を構えるようになってきた今、”実家依存症”という問題がでてきているようです。

 昔は「嫁にいくのだからよほどの事が無い限り戻ってくるな!! 」という覚悟を持って娘を送りだしていた親が、今では「何かあったらすぐに戻っておいで 」という出戻りを歓迎するかのような感じがあります。

 「生活が苦しいから援助してほしい」 「育児が大変だから手助けしてほしい」
こういった問題がおきた時、まずは自分のパートナーと相談するのが望ましいのですが、それをせずにすぐに実家に頼って解決することで妻への不信感家計の赤字体質へと繋がっていきます。

 嫁いだ娘にとって実家はとても心強い場所である事は間違いありません。ですが、所帯を持った瞬間からは適度な距離をおいた大人同士の付き合い方を心掛けないと家庭崩壊を手助けするきっかけとなってしまいます


 あなたはどこまで精神的・経済的に自立できていますか

AZUでした。

ランキング参加中〜応援してね!



  step-upのAZUです。
いつもありがとうございます


「分かっているつもり」・・・本当に理解していますか?


日本人は昔から以心伝心、ツーといえばカー、言わなくても分かっているなどといったところに価値を見いだす所があります。でもそれって自分の中だけで、相手には全く伝わっていなかった・・・ なんて事ありませんか?

最初は笑って”勘違いだった ”ですまされていてもそれが積み重なって離婚理由にはよくあげられる「性格の不一致」 となることも。


人にはそれぞれ育ってきた環境・家族があります  その中で何十年とかけて作りだされた思考回路はその人だけのものです。結婚してともに生活していく上で考えが合わないのは当然なのです。だからこそ思いや考えを言葉にして伝える事が大切なのです。

離婚届けをつきつけられて「まさかそんなふうに思っているとは知らなかった・・・ 」という結果にならないように、何でも言葉にするという習慣を身につけましょう


AZUでした。

ランキング参加中〜応援してね!




 step-upのAZUです。
いつもありがとうございます

あなたの自己評価は高いですか
今の私は残念ながら決して高いとはいえません


自己評価が高いと「今の自分に満足している」「向上心がみられない」といった印象を受けますがどうやら違うようです。

高いという事は自分の力で積極的に改善しようとしているという姿勢の表れであり、また出来ない事を素直に認め受け入れているという事なのです。

逆に低いという事は変えられるものでも何だかんだと言い訳をして偏ったこだわりもっているという事なのです。ですが、努力が足りないというわけではなくむしろ今は頑張りすぎて疲れ切った状態にあるだけかもしれません

重要なのは「自分を受け入れる」という事。それができるかできないかの違いなのです。


では、どうしたら自己評価を上げる事ができるでしょうか?
1つの方法として日記のように毎日自分の長所を書きつづる事です。継続は力なり 気付くと物事に対して前向きに考える事ができるようになっているはずです。


前向きになったあなたにはきっと前向きな人が集まってくるでしょう。お互いに頑張りましょうね


AZUでした。

ランキング参加中〜応援してね!




  step-upのAZUです。
いつもありがとうございます


春がようやくきたと思ったらもうすぐ夏がきそうなくらいの温かさですね

この時期になると気になるのが紫外線
アメリカやオーストラリアでは小さい頃から紫外線に対する有害性を認識しているのに比べ、日本では「シミ・そばかす」の原因として美容の観点から注目を受ける事が多いですよね。


紫外線は湿疹や皮膚がん・白内障の発生確率を高めて皮膚の免疫を低下させ、さらに感染症になりやすくなります


紫外線を浴びると「日焼け」をしますよね。すぐに黒くなる人と、赤くなって黒くならない人と2タイプありますがこれはメラニンを作る能力の違いによるものだそうです。そしてこの能力は遺伝によるもののようです。

このメラニンには紫外線から肌(細胞)を守る役割をしています。メラニンを作る能力が高い人。つまりすぐに黒くなる人に比べて赤くなる人は紫外線の悪影響を受けやすく、傷ついた遺伝子は修復されないのでより注意が必要となってきます。


気温が上がる夏は紫外線対策をしていると思いますが、実は3月から9月頃までは紫外線量がUP している時期なんだそうです。

これから夏にむけてレジャー にはいい時期ですが、紫外線の有害性を認識したうえでケアもばっちりしていきましょうね


AZUでした。

ランキング参加中〜応援してね!


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

応援してください!

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • やりたい事となりたい自分。
    AZU
  • やりたい事となりたい自分。
    mutsumi
  • 情の種類とは
    mutsumi
  • 2013年
    AZU
  • 2013年
    mutsumi
  • 魔法の言葉
    mutsumi
  • 厳しい残暑
    AZU
  • 厳しい残暑
    mutsumi
  • 短命
    AZU
  • 短命
    mutsumi

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM